日商簿記2級を独学一発合格した勉強方法

日商簿記2級は独学でとれる資格です。

かくいう私も、大学2年の時に平成27年11月(141回)で独学で2級に一発合格した1人です。

きりん氏
きりん氏

あと1問でも間違えてたら落ちてたくせに偉そうなこと言うなや

わたし
わたし

141回は過去10年間で合格率が11.4%と最低で、まあまあ勉強していないと合格できなかったはずなんよ…

運がよかっただけかもしれませんが、合格率の低さを踏まえると要点を抑えた勉強法を実践できていたと自負しています。

その時の勉強期間・勉強時間や、使ったテキスト、2級合格のコツや効率的な勉強法をすべてお伝えしていきます。

日商簿記2級は独学で合格可能?一発合格できるのか?

可能です。特に、3級保持者なら無問題だと思います。

1級は難易度が桁違いと言われていますが、2級は3級の発展形と捉えてOKだからです。

実際独学で学習を進めてみて、基本的な簿記のルールは3級を取るときに理解していたので、2級の勉強は大きく躓く要素もなく勉強を進められました。

いきなり2級から受けて合格できる?

いけなくはないと思いますが、これまで全く簿記に触れていない人は3級のテキストがすんなりわかるか確かめてみたほうがいいと思います。

簿記の勉強は結構相性があります。知り合いは3級を3回受けて3回落ちていました。

3級の内容は基礎基本なので、2級を受けるにあたって確実に抑えておかないといけません。
受験はしなくても3級のテキストは買って一通り勉強して損はないはずです。

日商簿記2級の独学のために使ったテキスト

日商簿記2級のために購入したテキストは以下の6冊です。全部TACのやつです。
周りが会計士志望でTAC通いだったので便乗して使っていました。

合格テキスト・合格トレーニング

合格テキストは教科書的なポジションです。

合格トレーニングはドリルみたいな感じのポジです。

過去問

言うまでもなく過去問はマストですね。最新のやつを買った方がよいと思います。
出題範囲改変があったので古すぎる過去問はやめましょう。

究極の仕訳集

使っている人見たことないけどわたしとしてはこれは神です。半年電車で使い続けていました。こいつのおかげで合格できたと言っても過言ではないレベル。

番外編・電卓も買いましょう

絶対に必要になるのが電卓です。数千円もする高性能な電卓はいらないと思いますが、それなりに打ちやすい電卓は用意しましょう。

わたしは簿記を取るときから経理として働く今現在も、かれこれ7年以上この電卓を使っているのですが、レビューが酷い…

日商簿記2級合格までにかけた勉強時間と時期別の勉強法

かけた勉強期間は半年です。

時期別の勉強時間とどんな勉強をしていたかをお伝えしていきます。
途中かなり中だるみしていたので、3級保持者なら4か月ぐらい勉強すれば合格できるんじゃないかと思います。

6~4か月前の勉強時間と勉強法

平日
毎日2時間程度
(大学までの通学時間)
土日
月3日3時間程度
(バイトのない土日に気が向いたら)

平日は通学時間に仕訳集を見ていました。

休日は合格テキスト1章終えたら合格トレーニングで練習問題解く、を繰り返していました。
1日2・3章ほど進めるぐらいのペース感です。

2周目以降は間違えた問題や理解できないところだけ拾っていくような形で進めました。

3~2か月前の勉強時間と勉強法

平日
毎日2時間程度
(大学までの通学時間)
土日
ほぼ何もしていない

合格テスト・合格トレーニングのテキストを数周して飽きてしまい、全然勉強していませんでした。

気が向いた時に電車で仕訳集をペラペラめくっていました。

1か月前の勉強時間と勉強法

平日
週4日4時間程度
(大学までの通学時間とバイト以外の時間)
土日
全日8時間程度

受験料を払って焦りだしました。
バイトのシフトを極小化して土日は全て簿記に捧げました。
過去問をひたすらに解き続け、分からない部分があれば合格テキスト・合格トレーニングに立ち返り理解するを繰り返していきました。過去問:テキストのウエイトは9:1ぐらいの比率です。

効率的な勉強方法

日商簿記2級に独学で合格するにあたり、効率的に勉強を進めるコツをお伝えしていきます。

全体感が分かってきたら過去問を見てみる

テキストを一周してある程度出題範囲を抑えたら、過去問を見るべきでした。

過去問はいわばその回のゴール。目的地を知らないまま勉強するのは非効率です。

出題傾向を把握していないと、テキストには載っていても実際はほとんど出題されない範囲を無駄に勉強してしまう可能性があります。

ただ、何も状態で過去問を見ても、どこがどことつながるかが分からないと思います。ある程度全体感が分かってから出題傾向を抑えるのがおすすめです。

工業簿記をまず完璧にする

工業簿記は難易度が低いので満点を狙いましょう。

簿記2級は商業簿記+工業簿記という2つの範囲から出題されます。
得点配分は6:4です。

工業簿記は出題範囲が狭く、出題傾向も似通っているため、非常に対策がしやすいです。

極端な話、工業簿記で満点を取れば商業簿記で半分間違えても受かります。
なんとなく存在感が薄いですが、こちらをきちんと押さえておけるかが合否を左右すると思います。

スキマ時間で仕訳を徹底的に覚える

2級の問題の大半は仕訳の集合体です。
1つ1つ着実に正しい仕訳が切れれば正解できるので、とにかく仕訳を叩き込みましょう。

本当にお世話になったのが、この仕訳集です。

通学時間にこれを何周もしていたので合格できたのだと思います。

間違える問題だけ繰り返し解く

テキストにしても・過去問にしても、何度も間違えるところは印をつけておいて、繰り返しに解くようにしました。

何度解きなおしても間違える場合は自分でまとめたメモを作成して、移動時間に仕訳集と一緒に眺めて頭に定着させるようにしていました。

下3桁は書かない・打たない

手で仕訳を書きながら問題を解いていくと思いますが、1,000,000円とかの下3桁は省略して1,000として解いていきました。

ケタ0いっぱい打つとタイプミスを招きますし、地味な時短も積み重なると差が出ると思います。

効率的にテキストを解くコツ

わたしの使っていたTACのテキストは評判が賛否両論分かれています。

テキストが”日商簿記2級合格”ではなく、”簿記2級で出る範囲を会計的に理解する”ために作られている印象を受けました。情報量が結構多いんですよね。

個人的に思う、うまく使うためのコツをまとめました。

頻出レベルが低い問題は解かない

過去問を見るほかに、効率よく勉強するための1つの指標となるのが合格トレーニングの練習問題の番号上についている☆です。

星が1つしかついていない問題は得点に結びつかない可能性が高いです。

最初は律義に全部解いていましたが、星1つ・2つの問題は飛ばしてOKだと思います。

過去問でよく間違える部分の理解補助として使う

テキストを2~3周したらテキストに立ち戻ることはなく、過去問を解いて間違える章だけ解きなおすようにしていました。

試験に出なくても、その部分を深く理解するために必要な問題だろうと考え、このときは全部の問題に一応目を通していきました。

効率的に過去問を解くコツ

過去問を制する者は簿記2級を制すると言っても過言ではないぐらい、過去問は重要です。

過去問をより早く自分の物にするために効果があったと思うことは以下の通りです。

ある程度考えて意味が分からなければ回答を見て、解き方を覚える

しばらく考えて全く分からん時は回答を見るようにしていました。

たまに、回答を解読するのに時間がかかるときがあります。

次見返したときに同じ個所の解読に時間をかけることがないよう、未来の私が読んだ時に一発で理解できるメモを回答冊子に書き残しました。

大問を横断的に解いていく

2015年2月の大問1を解いたら2015年6月の大問1を説く、といったように回を跨いで同じ大問を連続して解いていきました。

日商簿記2級は5つの大問から構成されます。出題範囲の改変はありましたが、大問ごとにおなじみの問題はあります。

一度解き方を見て、違う回の同じ大問を解くと直前に入れた知識をすぐに使っていくので、より頭に定着する感じがありました。

試験1週間は時間も意識していく

90分あるので時間が足りなくなることはないと個人的には思いましたが、本番になってから時間を意識するのではさすがにぶっつけすぎます。

一応1週間前ぐらいから何分かかるか測っておくと当日安心です。

おわりに

以上が簿記2級に独学で合格した方法でした。

ごちゃごちゃ書いてしまいましたが、仕訳集と過去問をひたすらやり続けたら受かったなという感覚です。3級保持者であれば特に、簿記2級は独学で取れる資格なので皆さんもぜひトライしてみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿記事一覧に戻る

コメント

コメントはありません

コメントする

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。



CAPTCHA