大学生活におすすめの暇つぶし3選!【手軽に自分の世界を変える】

大学のころの話

友達もさほどいない、サークルにも入らずバイト三昧でこれでいいんだろうか…

もはやバイトもせず家で動画見ているだけなんだが…

時間を浪費していると感じる大学生よ、私の同士です。

バイトとソシャゲに力を注いでいたものの、自分のエネルギーは持てあましていたし、長期休暇とかめっちゃ暇でした。

そしてこのぬるま湯生活をもっと有効に使っておけばよかったと心より後悔しております。

当時の私に対して、どうせ暇ならこれやっとけよ…と思うことを3つ書いていきます。

今も昔もハイパーコミュ障の私にできることなので、ヒッチハイクとか人脈づくりとか、すごい陽キャじゃないとできんだろ、みたいなハードルの高いことは書いておりません。

現実的かつ、暇な生活に刺激を与える即効性が高いものを集めました。
時間を持て余してどうしようもない大学生諸君、ぜひお目通しいただけますと幸いですー!

暇な大学生が試すべきこと3つはこれ

暇な時間はこれやっとけばよかった…思う大学時代にやっておきたいことは以下の3つです。

  1. 大学の図書館を徘徊する
  2. 普段やっていることに英語を混ぜる
  3. バイト以外でお金を稼ぐスキルを身に着ける

下の項目の方が難易度が上がっていくと思います。順にお伝えしていきますー!

大学の図書館を徘徊する

あてもなくさすらい歩くことを推奨しているのではなく、自分が普段手に取らないような本の背表紙を眺めるのが目的です。

暇=やることがない、すなわち自分の生活に変化がないとも言えます。
裏を返せば、自分の生活に変化を与える、世界を広げるのが有効と考えられます。
見識を広げるのに一番手っ取り早いのが本です。

ネットで本を注文するときは閲覧履歴から表示されるおすすめ商品、検索窓に打った言葉から選び取ることがほとんどだと思います。
これでは、自分の意識の中にある本ばかりが集まってきてしまい、意識の外にあるジャンルに触れるのが困難です

図書館という空間を歩いて、どんな本があるのかなーと眺めてみる。全部読み切らなくともよいのでちょっと気になる本を拾ってめくる。

必ずしも何か興味があることに繋がるとは限らないけど、スマホとずっとにらめっこしているよりは自分の認識外のトピックに触れられると思うのです。

わたし
わたし

これでなんか変わるんだろうか?という気もしますが、お金払って利用している大学の設備だし、せっかくなら使ってみたらいいんじゃないかと思います!暇なわけだし!

普段やっていることに英語を混ぜる

次に暇なときに試していただきたいのが、日々自由時間でやっていることに英語で織り交ぜることです。

例えば

好きな漫画の英語版を買ってみる(kindle電子書籍なら割と手軽に買える)

金曜ロードショーやディズニー映画を副音声で見る

普段見るジャンルのYoutubeを海外のYoutuberに変える

とかです。

英語と聞くと、中学高校の詰め込み教育に勉強しなきゃ!単語カード!文法!暗記!!みたいな刷り込みがされています。(よね?)

でも本来言葉ってそうじゃなくて生活するうえで自然に身につくもんだな…ということに以下の動画を見て知りました。

英語が抵抗がある人ほど、大学生の内に英語に触れる活動を進めていった方がよいと思います。年収上がりやすくなります。

英語が好きなら英語に特化した学部やカリキュラムのある大学に行くと思うのですが、苦手だと避けて通り、大学受験が英語学習のピークなんじゃないかと想像してしまいます。

となると、時間の経過とともに英語の感覚は薄れていくのは言うまでもないわけで、ちょっとでもフレッシュな記憶が残っているうちに取り掛かった方が後からやるより楽です。

わたし
わたし

英語全然やらず卒業後2年経ってオンライン英会話をやったらNice to meet you tooが言えませんでした(大事件)

きりん氏
きりん氏

英語できて鼻高々な人はいても、英語できちゃう、なんでだ!クッソー!って人、あんまいないよね

ちなみに、人と喋りたい方にはオンライン英会話がおすすめです。

ガチの初心者にはhanasoを鬼推ししたい。

hanasoの無料体験はこちら

わたし
わたし

金欠で休会中ですが、hanasoは本当に初心者に優しいです

多少英語自信あるよって人はネイティブキャンプを推奨したいです。

きりん氏
きりん氏

上達に必要なのはたくさん喋ることだとみんな口々に言っています。24時間いつでも気が向いた時にパッと英語で会話し放題なのはネイティブキャンプだけです

1週間無料キャンペーンを実施中!

バイト以外でお金を稼ぐスキルを身に着ける

バイト以外の手段でお金を稼ぐスキルをつけるのは長期にわたって自分の力になるので強くお勧めしたいです。

私は大学生の時お金を稼ぐ=バイト という頭しかもっていなかったので、たくさんお金をもらうには時給の高いバイト先を探すしかないと思っていました。

しかしながら、そうじゃないお金の稼ぎ方はたくさんあります。

例えば

ブログ(ライター)/プログラミング/ Youtuberやライバー/動画編集/Webデザイン

などが挙げられます。

うまくいけばバイト以上にお金を稼げる可能性を秘めています。社会人になる前に自分の力で稼げる力をつけておくと、給料に対してしがみつかずに済むはずで、それって就活・社会人生活にかなり精神的な余裕をもたらすと思います。

ただ、これらの方法すべてに共通するのが、成果を出すにはそれなりの時間が必要、ということです。
自由に使える時間の多さが圧倒的なアドバンテージになります。

わたし
わたし

大学生のうちに意識高い系と揶揄されてもやっとけばよかったなと一番後悔していることです…皆さんには私の屍を超えていってほしい!!!

何かスキルをつけたいけどどんな職業が向いているのか全然ピンと来ない…と思う方には10種類以上のクリエイタースキルが学べるSHElikes(シーライクス)がおすすめです。※女性限定です

終わりに

  • 大学の図書館を徘徊する
  • 普段やっていることに英語を混ぜる
  • バイト以外でお金を稼ぐスキルを身に着ける

以上が大学時代、どうせ暇ならにやっておけばよかったこと3選でした。

正直、どれもやって損する内容ではないので、将来のためになる一石二鳥の暇つぶしだと思って試していただけますと嬉しいですー!

他にも色々大学生の時の自分に言ってやりたいことを書いておりますのでご覧いただけますと泣いて喜びます。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました