1dayインターンに意味はあると思う|参加してみてのメリット・デメリットを紹介

大学のころの話
夏のインターンは全落ち。。長期インターンなら就活の実績として語れるけど、1dayって行く意味あるんかな。。。
”選考に関係はありません”って書いてあるし、ただ説明聞くだけなら行かなくてもいいのかな。。。

こんな風に考えてる就活生に向けて

  • 1dayインターンの流れ
  • メリット・デメリット
  • 1dayインターンをおすすめしたい人

をお伝えしていきます。
就活を終えてみて、私は1dayインターンに行く意味はあったと思っています

わたし
わたし

長期とか超人気企業のインターンは全部落ちた…1日じゃ意味ないかもだけどとりあえず行ってみるか

と軽い気持ちで、大学3年の秋からちょいちょい色々な企業の1dayインターンに参加したのがきっかけで2社から内定をいただきました!

かなり1dayインターンを使い倒した方だと自負しておりますので、皆さんの就活の参考になるかと思います。

1dayインターンってどんな感じ?

当日の流れ

基本的に朝9~10時に集合し、終了は17~18時で、コンテンツは

  • 業界・会社に関する説明
  • 先輩社員と何かしら交流
  • グループワーク・ボードゲームを通じて仕事を疑似体験→チームごとに内容発表

とかが多かったです。お昼は出るところと出ないところがありました。

ちなみに、服装は”私服でお越しください”と私服を指定してこない限りはスーツで行っていました。周りも同じような感覚だったように思います。

選考方法

軽い志望動機みたいなものを書くこともありましたが、先着順のところも割とありました。

マイナビやリクナビから探したり、イベントや逆求人で会った企業に申し込みました。

就活イベントや逆求人には、以下のようなサイトからチェックしていました。

1dayインターンのメリット

業界研究が捗る

まず1dayインターンに参加するメリットとして、自分で業界分析する手間が省けて、志望業界を絞るのに役立ちました。

社会人になって上司から、新しく取引先や関係会社のことを理解するとき、まず目を通せと言われたのが新卒採用向けのパンフレットです。
それほど新卒採用向けの資料は初心者にもわかりやすくデザインされています。

人事からの説明も同じように、知識がない人にもわかるように行われます。
自分でHPとか意味わからんなと思いながらぐるぐるするより、よっぽど効率的に知識を入れられると思います。

また、拘束時間が1日と短いので、数日に分けて色々な企業のインターンに行けます。幅広い業界のインターンに参加すると業界ごとの雰囲気や事業内容の違いが見えてきました。

興味がないことが分かり、選択肢を減らせるのも1つの業界研究の形だったなと思います。

早期選考に乗れる

1dayインターンは受けて終わり、ではない場合があります。後日に特別なご案内と称して、別日の追加インターンや座談会、インターン参加者限定で先んじての会社説明会などが展開されることもありました。
わたしもそのまま面接に進み、内定をいただいたところもありました。

通常であれば3月にならないと説明会が始まりません。先に選考に進めるのは他の就活生よりフライングで経験を積める絶好の機会です。

選考に関係はありませんと言いながらも大体関係あります。というかあると思っておくに越したことはないです。

1dayインターンのデメリット

似たようなことをやるから飽きる

志望業界を定めてからだと特に、どのインターン先も同じようなことをしたり、同じような話を聞いたりと似たようなことの繰り返しで退屈な時もありました。


業界を絞った後は、興味のある企業や、ほかの同業他社と違いを知るために参加する意識が必要と感じました。

選考を受けるにあたり、

  • なぜその業界なのか
  • 数多ある中でなぜここを選んだのか

という問いに答えなければなりません。

これらの質問にどう回答すれば納得させられるか、考えながら話を聞けばもう少し時間を有意義に使えてただろうなと後悔しています。

内定獲得にだけ焦点を当てると、結構労力が必要な場合がある

長期インターンのように、普段の働きぶりを見て内定…というわけではなく、がっつり面接は必要です。

むしろ、1dayインターンの後に何度も足を運ばせて志望度の高い学生をふるいにかけている気がする企業もありました。

すべての1dayインターン実施企業が、インターン終了後に選考に乗せるルートを隠し持っているとは限りません。
ただ、もしそのような案内が来た時に、それだけの労力を割いても入りたい会社かどうかは常に自問していないと、時間を浪費してしまうかもしれません。

おわりに|1dayインターンをおすすめしたい人

以上が1dayインターンの内容とメリット・デメリットでした。上記の内容を踏まえて、1dayインターンに行く意味が見いだせるパターンは以下の通りです。

  • まだ志望業界が決まっていない・業界研究が浅い人
  • 興味のある会社が1dayインターンを実施している場合
  • 早期選考に乗って内定もらえる可能性があるなら行動はいとわない人
わたし
わたし

迷ったら行ってみるが吉だと思うな!!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました