10kg痩せて変わったこと

美醜関連

私事ですが、身長158㎝で元々62kgあった体重を50kgちょいまで落とし、10kg以上のダイエットに成功?しました。

痩せるとなんかいいことあるのかな?いやあるはず!と、減量の向こう側の幸せを何となく思い浮かべながらダイエットに励んでいました。

実際痩せてみてもろもろ変化はあったので、その詳細をお伝えしていきます。

痩せて着られる服が増える

服を買うとき、以前は体型をうまく隠せるかどうかが判断基準でした。

近年は「これいいかも!」と思ったものをちゃんと着れるようになり日常のストレスが少し減りました。

今も何でも着れるほどスマートではありませんが、以前ほど体型隠しに注力しないで済むようになりました。

服の失敗が減り節約になる

サイズ選びでの失敗が減り、気に入る服に巡り合う確率が上がりました。
それに伴ってお金の無駄遣いも減ったように思います。

太っていたころは何を着てもどことなく体形に合っていませんでした。
日本人女性の平均身長と同じ158cmの私。

背丈から考えるとMが妥当なはずですが、袖を通すと脂肪により服がパンパン。肉詰めハム状態になり、本来のシルエットになりません。


かといってLやXLを買うと変に袖や丈が長い。
モデルさんの着用されている様子とあまりにも違くて、常にこれじゃない感がありました。

気に入らない部分があると結局着なくなってしまい、また別の服を買いなおしていました。

今はサイズが合わないという理由で服を買い足すことは稀です。

太ももの肉が減りがに股が改善された

キックボクシングで太ももの肉が落ち、とても快適に二足歩行ができるようになりました。
とりわけ太ももに肉が付きやすく、左右の内太ももの肉が大変混み合っておりました。

歩行の際に太ももの密を解消するために、どんどん脚を開きがちになり、気づけばがに股になっていました。

現在は人間らしいフォームで歩けるようになって嬉しいです。

顔も痩せて写真で笑いやすくなった

顔に肉が付きやすく、人一倍顔がパンパンでした。

笑うと頬肉がさらに強調されてしまうので、写真では口を開いて笑わないようにしていました。

今も肉はそれなりについていますが、笑顔をためらわずに作れるようになり、自分の写真に絶望しづらくなりました。

痩せて自己肯定感が上がった

自意識過剰かもしれませんが、人から不当な扱いをされにくくなりました。

太っているころは自分が太っているという自意識が過剰に働いていたこともあり、些細なことで誹られているような気がしていました。

普通の体型になったことで、道で人にぶつかっても舌打ちを打たれたりする頻度が下がった気がします。

痩せているほうが人生を生きやすい

以上が痩せて変わったことのご紹介でした。

一度痩せたら終わりではなく、私のような太りやすい体質の人間は毎日がダイエットです。
日ごろから太りすぎないように気を付けて生活し続けなければなりません。

ただ、モデル体型とまではいかなくても総じて痩せているほうがストレスを感じずに生きていけます。これは10kg痩せて分かった紛れもない事実です。
これからも気を引き締めてほどほどに頑張っていきたいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました