大学生が新卒で経理になる大全【現役経理直伝】

就活生
就活生

新卒ってやっぱ総合職で最初は営業からだよね

就活生
就活生

のっけから経理で採用されるなんて無理ゲーだよね

就活時代そんなことを思っていましたが、新卒1年目から経理でキャリアをスタートさせた私でございます。

職場には経理部員が100人近くいて、中途入社者の他の会社の経理事情や、経理になるまでのキャリアのお話もたくさん聞いてきました。

その情報をもとに、新卒で経理マンになるための戦略をお伝えしていきます。

新卒で経理になるのは可能なの?

可能ではあるが狭き門です。採用人数が非常に少ないからです。

公認会計士・税理士科目・簿記一級などの特別強い資格や経験を持っていない限り、他の切り口でも就活をしておいた方がよいと思います。

しかし、そのような大それた経験がなくても経理職でキャリアをスタートさせることは可能です。

わたし
わたし

私は日商簿記2級・財務諸表を読むゼミに入ってた普通の学生でしたが経理で内定貰ったドン!

具体的なルートを次章でお伝えしていきます。

新卒で経理職に就職するルート

新卒で経理になれるルートは3つです。

  • 職種別採用をしている企業を探す
  • シェアードセンターを探す
  • 総合職の面接で経理になりたいアピールをする

職種別採用をしている企業を探す

一つ目が職種別採用をしている会社で経理部員として採用されるルートです。

職種別採用とは、配属先は後から決める総合職とは異なり、営業〇人・人事〇人・経理〇人など部署別で採用人数が決められていて、選考時に入社後の職種が決まっている状態での採用を指します。

入社すれば100%経理になれますが、そもそも職種別採用をしている企業が多くないのと、あっても応募人数が極端に少ないのが難点です。

わたし
わたし

職種別採用をエージェント経由で見つけて私は経理になったで

シェアードセンターを探す

シェアードセンターとは、ほかの会社の経理機能を代わりやってあげるのを生業とする企業です。

入社後は自社ではない会社の経理の担当として、どっぷり経理に使った毎日を送れます。

シェアードセンター入社の難しいポイントは、会計知識を持つ学生が集結するのでより深い経理知識や適性が求められることです。

大学生全体で見たときに簿記を持っている大学生はそこまで多くないですが、シェアードセンターにエントリーするとなったら話は別です。

ライバルたちもかなり経理知識に富んでいて、会計士志望だった人とかもエントリーしてきます。
選考過程に簿記の筆記試験を含むケースもあります。

このような状況に太刀打ちするために

  • 筆記試験前にちゃんと勉強しておくこと
  • 経理として求められることにあった自己PR(後述します)

を意識しましょう。

わたし
わたし

私はノー勉でシェアードセンターの筆記受けて落ちました…☆

総合職の面接で経理になりたいアピールをする

最後に不確実ではありますが、総合職で入社して経理を希望するパターンです。

希望なんて通らないでしょ、とお思いの方、侮ることなかれ。

大学時代のわたしと同じゼミに所属していたOBは一定数これで経理配属されています。

総合職でエントリーする人の中で相対的に経理知識があるとなれば、目を引くことは確かです。

大きな資格はなくても、経理をやってきましたアピールをする+希望を経理で出せば
他の内定者より経理に近い存在であることは間違いありません。
どんなアピールが効くかは次章でお伝えしていきます。

わたし
わたし

とはいえ、確実ではないので一か八だということは頭の片隅においておきましょう

補足・転職ののちに経理になりやすいルート

補足として、転職で経理職に就きやすいルートをお伝えしておきます。

会計事務所や税理士法人に入る

1つが会計事務所や税理士法人です。わたしの周りの経理職員でも前職が前税理士法人や会計事務所だった方はそれなりにいます。

とくに日商簿記では扱わない、税務の知識が詰めるのはかなり大きなアドバンテージになります。

税理士の性質を知っていると、経理担当者として作成する側から依頼する側に回ったときにやりとりがスムーズでしょうし、上がってきた書類のチェックもスムーズにできるとかなり重宝されると思います。経理長くやってても税務知識がない人も結構いるので!

わたし
わたし

税務ができなすぎて今泣いています…

金融機関に入る

周りの経理で信金・信託・銀行出身の方もいらっしゃいます。

金融機関で業務をしていると銀行とのやりとりや資金繰りなど財務面で使えるスキルにつながります。

きりん氏
きりん氏

銀行は社会人として必要な経験が凝縮されているとは聞きますね

わたし
わたし

金融出身の上司に、もし私が銀行に入ってたらかわいがられるかすぐ見放されるかのどっちかと言われた(失礼)ので、残酷な世界そうですが。。。

新卒で経理に就く助けとなるスキル・資格

新卒で経理になるために必要となるスキルをお伝えしていきます。

先に結論を申し上げますと、経理になりたいアピールをするうえでコスパがいいのは日商簿記2級+FASSだと思います。あとは興味関心があると伝えるのも重要です。

もし経理としてキャリアを積みたいのであれば難関資格にチャレンジするのも価値はあると思いますが、就活のためだけにやるのはおすすめしないです。

日商簿記2級はマスト

これはマストで必要です。3級は持っていてもアピールにはなりません。

2級は独学でも全然取れる資格です。私の勉強法は以下の記事でまとめています。

日商簿記1級・公認会計士・税理士科目合格はやはり強い

この辺りを持っているとやはり強キャラになれます。

総合職での選考でも経理希望が通りやすくなると思います。

国際的に活躍するなら米国公認会計士

アメリカ版公認会計士。日本の公認会計士資格より簡単との声もあります(それでもかなり難関資格です)。グローバルに活躍したい社会人がボリュームゾーンで、学生で目指している人がいなかったので、これを持ってたら目立つと思います。

全部英語で出題されるそうなので、語学の勉強にもなりそうです。

受験者爆増中の資格”FASS”

幅広く経理の実務で求められる知識を試す資格です。何か基準点があるのではなく、TOEICのようにスコアの高さで実力を測ります。

最近主流になってきている、経理界隈でも勢いのある資格です。
知り合いの企業の経理部でこの資格を推奨しているそうです。難関資格より難易度がグッと下がるので、日商簿記2級だけじゃ不安だけど資格で興味をアピールしたい人はチャレンジする価値があると思います。

日常業務で活きてくるMOS

MOSとはWord・Excel操作の能力を測る資格です。簡単に取れる資格なので持っていて評価されません。時間があればとる、ぐらいのノリで十分です。

ただ、経理ではExcelを多用するので持ってて損することはないです。最初からVLOOKUPぐらいまでのEXCEL操作ができると、比較的スムーズに業務をこなせると思います。

わたし
わたし

わたしは学生時代からExcel使う頻度が多く、MOSも大学生の時にとったのですが、同じ部署に入った新入社員はEXCEL操作に慣れるまで辛かったと言ってました

英語ができると任される業務の幅が広がる

どんな職業でもそうでしょうが、経理でも英語が使えると、将来的にかなり業務の幅が広がり、年収も上がる傾向にあります。

  • 海外子会社の決算
  • IR活動外国人投資家に向けての決算説明
  • 海外の取引先との英語でのコミュニケーション

英語を業務で使いたいなら海外子会社がある企業や上場企業、これから海外に進出しようとしている企業を狙いましょう

※注意※必ずしもすごい資格がなくても大丈夫

きりん氏
きりん氏

簿記1級とか無理だよ…そんな輩に勝てっこねえ

そう思う方もいると思いますが、必ず大きい資格が必須というわけじゃないです

会計に関する興味があることを伝えられれば十分採ってくれる先はあると思います

わたし
わたし

財務分析をしてみるとか、会計に関する本を10冊読んだとかね

ちなみに、上場企業の面接に行くときは必ず有価証券報告書やIR情報に目を通してからいきましょう。財務分析のゼミに入っていたと伝えると、うちの見てどうだった?とたまに聞かれました。
こういうところで取りこぼすと経理に興味がない烙印を押されてしまいかねません。

経理の自己PRで伝えたいコンピテンシー

コンピテンシーとは、高業績者の行動特性を指します。

自己PRで伝える行動特性が業務で役立たない、的外れなものであれば意味がありません。自分の経験や物事への行動が、組織の貢献につながる行動特性に由来だと示していく必要があります。

きりん氏
きりん氏

経理の仕事にマッチする行動特性って何ぞや?

経理として3年働いてみて、絶対経理するうえで必要だと思う素養=経理で必須と思われるコンピテンシーをまとめました。

面接官でも何でもない、ただの平経理部員からの見解です。話半分で見ていってください。

コミュニケーション能力

✔共通言語を持たない人と一緒に何かを行った経験、人に分かりやすく何かを説明した経験

経理の仕事では交通費精算や仕訳のために必要なデータをもらう時など、経理を知らない他部署の人に会計要素がある事柄を依頼する場面がしばしばあります。

相手に伝わる言葉で依頼できないと業務を円滑に進められません。正直そんなに難しいことをやっていないと思っていても案外伝わらないものです。

無知な人に何かを理解してもらえるよう伝えた経験があると、入社後うまく他部署と連携していくイメージがもてて好感を持たれる気がします。

計画性

✔何か予定を立てて修正しながらスケジュール通り物事を進めた経験

どんな仕事でも当たり前ですが、経理は特に期限内に必要な資料を絶対提出しなければなりません。

計画的にペースを保って、遅れがあればどこかで調整して進めていく力が求められます。

勤勉さ

✔他の学生より勉強していること、日々継続して学習していることがある

会計基準や税法は日々刻々と変化しています。そういった情報を常にキャッチアップして、自社の会計処理にどのように影響を及ぼすかを考え続けることが求められます。

改善志向

✔ルーティンワークや慣例行事をより良いものに変化させた経験

経理では月次・日次などの単位でルーティンワークではあります。これをどうしたら間違えず、正確にこなせるようになるか常にブラッシュアップが必要です。

というかそういう意識がないと、同じことを延々こなすのが好きでない限り、飽きちゃって経理がしんどくなる思います。

会社規模別経理の特徴

会社規模別の経理の特徴をお伝えしておきます。

もし経理求人に出会ったとき、その企業規模で遂行できる業務を踏まえた志望動機にするのに役立つと思います。

現職の経理部には100名近くの人が在籍しています。中途入社の方の前職での経理のお話も聞いてみての見解ですので、それなりに精度は高いはずです。

大手企業の経理

  • 厳格なチェック体制の下、整った経理を経験できる
  • 業務が細分化されていて、狭く深いスキル

大手企業の経理には監査法人が監査に入るため、四半期決算もしっかり行いますし、処理に誤りがないかをチェックされます。

そういう意味で厳格にきっちりした経理スキルを身に着けられます。

一方で、業務が縦割りで細分化されていて一度に担当する領域が狭い、他社では役立たない組織のための独自ルールを覚えないといけない、といった汎用性の高い力が身につきづらい難点があります。

中小企業の経理

  • バックオフィス全体に詳しくなれる

バックオフィスの人数自体が少ないのが中小の経理の特徴です。

なんなら1~2人で人事・総務・経理を一気にやっている会社もあります。幅広い経験を詰める一方で、連結決算、IRなど、大手企業にあるような業務が元々不要で、経験できない場合があります。

ベンチャー企業の経理

  • 制度を0から作っていく

新卒でベンチャー企業の経理に配属されるパターンがどれだけあるか未知数ですが、一応お伝えしておきます。ベンチャー企業では、それなりに年月の経った企業では当たり前のようにあるルールがまだ整備されていないケースも多いです。

制度や仕組みを0から構築していく、成熟企業では味わえない経験ができて力はつくと思いますが、体力勝負な一面もあるでしょう。

わたし
わたし

ベンチャー経理での話を聞くと、人間らしい生活を送れてないケースもしばしばあります

入れるならメーカーの経理がおすすめ

業界でいうとメーカーがおすすめです。原価計算は経理の華形であり、何かを製造している会社でないとこれを経験することはできないからです。

原価計算の経験ありという条件も転職の求人条件で見かけます。

わたし
わたし

わたしは現職のままだと原価計算を経験できないのですが、他の経理部員に”経理としてやっていきたいならメーカーに転職したほうがいい”といわれたほどです

大学生が新卒で経理になる大全まとめ

長くなりましたが、大学生が新卒で経理になる方法でした。

  • ルートは3つ。職種別採用・シェアードセンター・総合職で希望を出す
  • 難関資格を持ってないくても日商簿記2級+経理への興味を打ち出す
  • 経理で必要な素養を自己PRで伝える
  • 大手・中小・ベンチャーで業務内容は変わってくる。業態はメーカー推し

こんな感じの内容でした。

経理採用の枠は小さいので正直求人に巡り合う運もあると思います。
出会う確率を上げるためにも非公開求人を多く取り扱うエージェントを利用するのがおすすめです

他にも様々大学生のころの話を書いていますので目を通していただけますと喜びます!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました