【図解】ふるさと納税の仕組みとフロー|これだけわかればOK

社会人3年目、私の中の流行語大賞はふるさと納税です。
今年初めてやってみて、実質負担2,000円で返礼品として11.1kgの肉と1㎏の鮭を手に入れ狂喜乱舞しているからです。

わたし
わたし

なんでもっと早くにやっていなかったんだろう!!

きりん氏
きりん氏

それはなんかすごいややこしそうって思ってたからじゃない?

きりん氏
きりん氏

お金の話ってなんか難しいし…

実際のところそんなに煩雑な手続きはなく、難しいことはありません。

ただ何となくのイメージでやらずにいるのはとってももったいないです。

今回はふるさと納税を何も知らない方に向けて、その仕組みと手順をお伝えしていきます。

私が様々なサイトを横断して調べた、ふるさと納税をするうえで必要最低限抑えておきたい情報を集約させています。
読み終わるころにはきっと皆さんふるさと納税マイスターです!

ふるさと納税って何?

メリットだけ凝縮してお伝えすると”2,000円の寄付でたくさん返礼品をもらえる制度”です。

怪しい表現になってしまいましたが、ちゃんと仕組みがあります。
自治体に寄付した金額の分、来年の手取りの給与が増えるので、ほとんどチャラになるんです。

きりん氏
きりん氏

手取り給与が増えるってどういうこと?

引き算で引く数と引かれる数って小学校の時に習うやつをイメージしてほしいのですが、

引き算の図に置き換えると引かれる数が額面、引く数が税金、答えが手取りと言えます。

額面10に対して税金9は薄給すぎますが、イメージ的にはこんな感じ。

今年寄付すると、来年額面給与から引かれる住民税が減って、手取り給料が増えます。
引き算の引く数が小さくなるので、手取りが大きくなります。

イメージ的には上の図のようになります。
1寄付するけど、給料が1増えるので実質お金がかからないといえます。

本当はもっと細かく金額が決まっていきますが、寄付した分、手取りが増えるとはこういう原理です。

実質負担額は2,000円

わたし
わたし

寄付した分だけ住民税が減るので実質のキャッシュアウトはほぼないんです

きりん氏
きりん氏

ほぼ?

厳密にいうと、来年減る住民税は寄付した金額から2,000円を引いた金額です。
なので、さっきの図は本当は誤りで、1寄付すると0・8手取りが増えることになります。

寄付しても2,000円以外は月々の給料で戻ってくるので、自分が負担して寄付するのは2,000円で済むというわけ。
金額を入れてもう少し詳しく解説すると

  1. 自治体に10,000円寄付
  2. 返礼品をもらう
  3. 確定申告する
  4. 翌年の給料から天引きされる住民税が8,000円減る
  5. 2,000円の寄付で返礼品を買った状態になる

確定申告はすごく楽に済ませる方法を後で紹介するので一旦無視して進めます。

4について色々ほかの税金とかのことを差っ引いてリアルな具体例を挙げると

ⅰ年収400万で住民税が4万控除されて手取り給与が396万円になる人がいたとします。
ⅱこの人がふるさと納税を1万円すると、住民税が1万-2,000円=8,000円減ります。
ⅲ控除される住民税が32,000円になり、手取り396万8,000円になります。

きりん氏
きりん氏

寄付したことで手取りの金額が8,000円増えた!

今年10,000円払って、
負担金額2,000円を引いた8,000円住民税が減る=手取り給与が8,000円増える

10,000円払って8,000円増えるので実質寄付した金額は2,000円になります。

きりん氏
きりん氏

2,000円の2000円の寄付なのに10,000円相当の返礼品がもらえるってことなのね!

わたし
わたし

そうそう!

ちなみに同じ自治体に何度寄付しても、複数の自治体に寄付しても実質負担の金額は2,000円のままです。

ふるさと納税とは まとめ

ふるさと納税は来年払う住民税が納税総額-2,000円減る制度

ふるさと納税の限度額

きりん氏
きりん氏

ふるさと納税すごい!いくら寄付しても実質金額が2000円で色々もらえるなら、沢山寄付したほうがいいんやね!

わたし
わたし

いや、年収や家族構成に応じて引いてもらえる住民税の金額に上限はあるから、たくさん寄付すりゃいいってもんじゃないよ

ふるさと納税には年収や家族構成に応じて限度額があります。
結論、限度額ぎりぎりを狙って寄付するのが一番ふるさと納税の恩恵を受けられます。

限度額・寄付金額・自己負担額の関係を以下の図に基づいてお伝えしていきます。

限度額を超える金額は住民税の減少にカウントされない

12,000円ふるさと納税した場合を見てみると、限度額を超える2,000円は住民税の減少に反映されません。
ただ単に自分のポケットマネーから寄付したことになります。

ふるさと納税額が10,000円でも12,000円でも、来年減る住民税の金額は8,000円のまま。限度額を超える寄付金額は税額控除の恩恵が受けられないといえます。

限度額を下回っても自己負担額は2,000円のまま

逆に8,000円ふるさと納税した場合を見てみると、10,000円の場合よりも控除される住民税は減るものの、自己負担額は変わらず2,000円です。

同じ自己負担額でも、もらえる返礼品の量が8,000円と10,000円の時、どちらが多いかを考えると明らかに後者です。

この例だとしょぼいですが、もし限度額が5万円の人が2人いて、
Aさんは1万・Bさんは5万ふるさと納税した場合、
最終的に負担する納税額は同じでも、両者のもらえる返礼品の量はかなり違ってくるはずです。

欲張った考えを持つならば、限度額ぎりぎりを狙うのが最もふるさと納税を有効利用しているといえます。

ふるさと納税の限度額のシュミレーションはマスト

限度額に対してふるさと納税額をいくらにするかは個人の価値観次第ですが、
なんにせよ計画的なふるさと納税のために、限度額の確認はマストです。

ふるさとチョイスなど、ふるさと納税限度額をシュミレーションできるサイトで自分の限度額を確かめましょう。

ふるさと納税 控除シミュレーションと計算方法(限度額の目安) | ふるさと納税サイト「ふるなび」

住宅ローン・医療費控除など、他の税額控除の対象になる場合は簡易的なシュミレーションの限度額と乖離が大きい可能性があるので、詳細なシュミレーションを推奨します

限度額で入れる給与とは?

きりん氏
きりん氏

シュミレーションをしようとしたけど、”あなたの給与収入”って何入れればいいの?

引用元:https://furunavi.jp/deduction.aspx

ふるさと納税限度額シュミレーションで使う”給与”や”年収”には、今年の1~12月でもらえる額面の金額を入れる形になります

12月の給料をもらえないと正式な金額は確定しませんが、今の給料からから年収を割り出しシュミレーションできるはずです

わたし
わたし

基本給20万円で賞与が夏冬合わせて4ヶ月分なら、
20万円×16か月=320万円 となります

ふるさと納税の限度額 まとめ

ふるさと納税は自己負担2,000円の上限がある
上限金額はざっくり年収・家族構成・他の控除の状況で算出される
シュミレーションで入力する”給料”は今年の1~12月の額面

いつ寄付するといつの住民税が安くなるのか

きりん氏
きりん氏

なるほど、シュミレーションに入れた年収が今年の1~12月だから、その間に寄付した合計金額が来年の住民税が減る基準額になるってことだね

きりん氏
きりん氏

…待って、来年って、いつからいつまでの住民税が対象なの?

わたし
わたし

そのためには、住民税の金額の決まり方を知ればOKだね

今年の1~12月の寄付で、来年の6月~再来年の5月の住民税が減ります。

住民税は今年の1~12月の額面給与を基準に、来年6月~再来年の総額が決まります。
年間総額を均等に割った額が、毎月給料から天引きされます。

きりん氏
きりん氏

住民税の金額を確かめる方法はないの?

4月~6月の間に住民税決定通知書が届きます。
そこに6月~翌5月の12か月間の月々の住民税の金額が載っているので必ず見るようにしましょう。

わたし
わたし

限度額・寄付と住民税の対象期間がわかったところで改めて冒頭のふるさと納税のフローを補足していくよ

  1. 今年の1~12月の間に自治体に10,000円寄付
  2. 返礼品をもらう
  3. 確定申告する
  4. 翌年6月~翌々年5月の給料から天引きされる住民税が8,000円減る
  5. 2,000円だけ負担することでお礼の品をもらった状態になる

イメージとしてはこんな感じ!

確定申告をしないで済むワンストップ特例制度とは

きりん氏
きりん氏

そういや、確定申告しないで済む方法があるって言ってたよね?

わたし
わたし

そう、ワンストップ特例制度を使えば確定申告をする必要がないんだ

ワンストップ特例制度とは寄付した自治体から届いた書類と本人確認書類を返送すれば、確定申告を回避できる制度です。

手続きの流れは以下の通り。

  1. ふるさと納税の決済画面でワンストップ特例制度を選ぶ
  2. 寄付した自治体から届く
  3. 同封されている寄付証明書の記入と捺印+本人確認書類を翌年1/10までに返送
きりん氏
きりん氏

えー確定申告は小難しい感じがするけど、それなら楽にできそうだ!

わたし
わたし

ただ、ワンストップ特例制度を利用するには条件があります

ワンストップ特例制度を適用するには

  • 1年間で寄付する自治体が5か所以内
  • 医療費控除を受けない

上記2つをどちらも満たす必要があります。

もし5か所以上の自治体へ寄付するor医療費控除を受ける場合は確定申告が必要です。

わたし
わたし

ワンストップ特例制度を理解したところで、さらにフローを更新するよ!

  1. 今年の1~12月の間に自治体に10,000円寄付
  2. 返礼品をもらう
  3. 確定申告 または 1/10までにワンストップ特例制度の書類を返送する
  4. 翌年6月~翌々年5月の給料から天引きされる住民税が8,000円減る
  5. 2,000円だけ負担することでお礼の品をもらった状態になる

イメージ図の情報も追記しておきます。

ポイントを使ってさらにキャッシュバックを狙う

きりん氏
きりん氏

おし!基本的なふるさと納税の情報はばっちり理解した!

きりん氏
きりん氏

早速どこに寄付するかググってくる!

わたし
わたし

ちょいとまって!ポイントキャッシュバックして更にお得にふるさと納税する方法があるの!

実質負担額は2,000円ですが、最初に寄付する全額にポイントが付きます。

最終的に負担する金額は2,000円でも、キャッシュアウトする金額相当のポイントが付けられる。
このチャンスはぜひ有効に使いたいところ。

おすすめの組み合わせは楽天でふるさと納税+エポスカードで決済の合わせ技。

楽天ポイントを貯めて、さらにエポスポイントもゲットする方法です。

ふるさと納税専用サイト以外からも寄付は可能

ふるさと納税は、それ専用のサイトからしかできないわけではなく、楽天でも取り扱いがあります。
わたしは去年のふるさと納税をすべて楽天から行いました。
改めて他サイトに会員登録する手間が省けますし、ポイントを普段の楽天での買い物に充てられるのも楽天ヘビーユーザーとして好感をもてます。

ちなみに、お買い物マラソン開催期間でふるさと納税するとさらにポイントが増やせます。
お買い物マラソンとは、1,000円以上の買い物をn店舗で行うとポイントがn倍になる期間です。

頻度は不定期ですが、だいたい月1回ぐらいのペースで開催されるので、せっかくならお買い物マラソンのタイミングを見計らってふるさと納税しましょう。

わたし
わたし

同じお買い物マラソン期間内に単価が高くない生活必需品を買って、ポイントを増やしていました

ふるさと納税をクレカ決済してポイント付ける

ふるさと納税は自治体によってクレジットカード決済が可能です。

クレカを持っていない方にお勧めしたいのが、エポスカードです。理由はシンプル

  • 年会費無料のカード
  • エポスポイントをアマギフに交換できる
    200円で1ポイント貯まり、1ポイント=1円として利用できる

持っていてもお金がかからず、支払う金額は一緒なのにAmazonで使えるポイントが手に入るので大変お得です。

わたし
わたし

クレジットカード払いができない自治体に対しては、潔く別の決済方法を使いましょう

おわりに|ふるさと納税のフローを総まとめ

これだけ知っておけばふるさと納税できるという内容をお伝えしてまいりました。

最後に、本記事でお伝えした内容をまとめていきます。

  • ふるさと納税は寄付金額から2,000円引いた額の住民税が減る制度
  • 限度額を調べたうえで取り組むべし

流れはこの通り!

  1. 今年の1~12月の間に自治体に限度額に収まる金額を寄付
  2. 返礼品をもらう
  3. 確定申告 または 1/10までにワンストップ特例制度の書類を返送する
  4. 翌年6月~翌々年5月の給料から天引きされる住民税が(限度額-2,000円)減る
  5. 2,000円だけ負担することでお礼の品をもらった状態になる

わたしが実際にふるさと納税した際の返礼品はそのうち別の記事で紹介していきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました