ダイエットで人生変わるには条件がある!10kg痩せて分かったこと

美醜関連

ダイエットで人生が変わった話は巷にゴロゴロあります。

顔が別人のように変わる、周りの人の態度が変わる、多数の人から言い寄られる…などなど。

きりん氏
きりん氏

こういう話って本当なのかなって気になりますよな

わたし
わたし

アタイは成功談を信じてダイエットしたわよ…!

痩せる決心をしたころの私は、そういった成功談を沢山体内に充満させていました。
そして痩せて人生変えたろう!と自分を動かす原動力にしていたのです。

努力が功を奏し、22歳の2月から11か月ほどかけて10kgぐらい減量しました。
結果はどうだったか。私の人生は思うほど大きく変わりませんでした。

10kg痩せても標準体型になっただけでスレンダーじゃないし(159cm64kg→52kgになりました)、体脂肪率はそこまで下がらなかったので身体に締まりがないです。
そういう意味では、もっと上手に痩せないと望むほどの人生変変化は得られないのかもしれません…


でも、10kg痩せて人生変わったみたいな記事を私は結構たくさん見かけました。
減量した数字だけで見れば同じなのに、人生変わる人とさほど変わらない私の差は何なのか。
それは自己肯定感変化を起こす推進力の有無だと思うのです。

今回は

  • 痩せて人生が変わる理由
  • 痩せて人生が変わらない人の思考
  • 痩せて人生を変えるために必要な思考

を、10kg痩せた体験談に基づいてお伝えしていきます。

この記事をおすすめしたい人
  • ダイエットで人生が変わる理由が知りたい方
  • なぜ思うような変化がない人がいるのか知りたい方
  • ダイエットで人生を変えるために何が必要か知りたい方

ダイエットで人生が変わるのは容姿よりも内面が変わるから

きりん氏
きりん氏

ダイエットで人生変わるのは痩せるからじゃないの?

わたし
わたし

それもあるけど、痩せた変化を自分が前向きに受け取れないと人生は大きくは変わらんと思うのよ

ダイエットして痩せてきれいになるから人生が変わる、一言でいえばその通りなのですが、
”ダイエットで人生が変わる”は厳密には以下のような流れで進んでいると思います。

  1. ダイエットをする
  2. 体重が減り、見た目が変化する
  3. その変化を自分が前向きに受け取る(=自己肯定感)
  4. 自分の行動が変わる(=変化を起こす推進力)
  5. 周囲の行動・反応にポジティブな変化を及ぼす
  6. 人生が変わる

具体例を出して説明していきます。

《具体例①》
減量が進むと着られる服や似合う服が増えたりして、テンションが上がります。
そのテンションを日々まとうようになるとどうでしょうか。明るい表情になります。その表情を受けて周囲の反応が変わります。

《具体例②》
ダイエットは一種の目標達成に向けた仕事・受験勉強のようなものです。自然と体重が落ちていったらダイエットとは呼ばないですよね。
自分で計画を立てて行動して振り返る、PDCAを回す必要があります。

これがうまくいくとどうでしょうか。自分もやればできるじゃん!と自信につながりますよね。
自信をもっていると色々なことに対して活動的になります。
(周りの人と前向きに接せる、人と会う気になるなど)
そして、周囲の反応が変わるのです。

もちろん見た目も大きく変化していることでしょうが、見た目の変化を肯定的に受け取って、自分の行動が変化するから周囲の変化を呼び寄せていくようには思えませんか?
痩せた結果を前向きに受け取る前提で、”痩せて人生が変わる”と巷では言っているのです。

痩せてもそれに満足できないと、自分に前向きになれず、大きく人生変化はしないと思うのです。

痩せてもさほど人生が変わらない人【体験談】

では、ダイエットで人生がさほど変化しない人はどんなふうに生まれるのでしょうか。

  1. ダイエットをする
  2. 体重が減り、見た目が変化する
  3. その変化を自分が前向きに受けとれない
  4. 自分の行動が変わらない
  5. 周囲の行動・反応にポジティブな変化を起こせない
  6. 人生は大きくは変化しない
きりん氏
きりん氏

痩せたのに前向きになれないってどういうこと?

わたし
わたし

期待値が高すぎて思うような変化じゃなくてがっかりするとか、リバウンドが怖いとか色々ね…痩せた時の心理状況を伝えていくわ

痩せてもハッピーになれなかった私の例をお伝えしていきます。
自分、めちゃくちゃ卑屈だなと思う方は同じ考えに陥る可能性があると思うので、ぜひご参考にしていただけますと幸いです。

痩せても期待通りにはならず、自分に満足できない

ダイエットを開始して5kgぐらい減った頃でしょうか。
体形に変化を感じ始め、徐々に顔の肉も落ちていきました。私はどう思ったかというと、

わたし
わたし

やばい…痩せても大して可愛くなっていかない…予定と違うんだが

痩せていく自分を可愛くなっていっているとはあまり思えなかったんですね。
むしろ肉が減って自分の顔の構造をありありと見せつけられたのです。
例えるなら、ポケモンが進化して能力は上がったけど見た目はかわいくなくなっていく感じです。
私は自分のようなタイプの顔立ちがあまり好きではないのに、どんどんそれが深く、濃くなっていったのです。

わたし
わたし

なんて卑屈で傲慢な女や

わたし
わたし

今はデブだけでも解消されてよかったなって思えるんですけど、痩せた時はあ~自分ってこんなもんかってがっかりしてしまい、ポジティブにはなれませんでした…

増量の恐怖

周囲の対応が激変するようなことはありませんでしたが、”痩せたね”と言われることは増えました。
善意で言ってくれているはずの”痩せたね”も、私にはリバウンドへの恐怖を煽る言葉に聞こえてしまいつらかったです。

痩せたと認識されたということは、今の体型が基準になったということ。
ダイエット前の体型まで戻らずとも、ここから少しでも体重が増えると、”太ったね”になってしまう。

そんな思考から、一時3kgぐらいリバウンドしたときにこのまま元に戻ってしまわないか、気が気でなかった時期がありました。
ダイエットに向けて猛進してきた思いと努力を無駄にしたくないという、痩せる前はなかった減量期間への執着がわきます。

きりん氏
きりん氏

痩せた自分可愛くねえとかさっき言っとらんかったか?
だったら太ってもいいや、とはならんの?

わたし
わたし

幾分マシになったのは事実だし、周囲からの褒め言葉はうれしいんです。
だから、自分で作り上げた、”周囲から見て痩せたゴンザレス像”を崩したくない気持ちが大きくなっていきました…外食した後の体重増加が怖いし、どうしたら痩せるかばかり考えて疲れてしまいました。

きりん氏
きりん氏

何かと忙しい女だな

最大の勘違い・人生は他力本願で変わると思っていた

最も致命的なのがこれで、痩せたら自動的になんかいいことあると思っていた節がありました。
しかし、私はそこまでのポテンシャルがないのは痩せる前から明白でした。
結局、自分が行動しないと変化は起こらないのです。

人生激変しないけど、痩せてから見えた景色はよいものだ

  • 痩せてもそんなよくならない自分にがっかり
  • リバウンドが怖くて痩せるために生きている状態
    痩せたんだからなんかいいこと起こってもいいよね!?待ってるよ!

こんな心理状態では、自分の行動は変わりません。
自分の行動が変わらない以上、周りの反応は期待するほど変化はありませんでした。というより、変化を起こせなかったと言うのが正しいですね。
それでもいくつかの変化は素直に嬉しいと思えました。

  • 着れる服が増えた
  • 前よりはましだなと思える自分になれた
  • 体重は諸行無常だと知れた
  • 痩せる前の脂肪を言い訳にしている自分からは脱皮できた

新しい思考の自分になれたという点では、思っていた形とは違っていたけど人生が変わっているのかもしれません。

わたし
わたし

ちょっと減量に期待しすぎただけかもしんない!

どんな心構えでいればダイエットで人生が変わるか

思うような変化を得られなかった身として、当時の私がどんなマインドを持っていれば人生激変レベルの変化があったのかを考察しました。

変化は自分で起こすという意識を持つ

私は顔が勝手に変わって人生が変わると思っていました。痩せた自分に勇気を持ち、振る舞いも自分がなりたいように近づけていく意識が私には欠けていました。

人と比較せず、過去の自分と比較する

よく言う話ですみません。でも、元からきれいな人もいれば、私よりももっと努力してきれいさを維持している人もたくさんいます。他人の今のプロポーションに至るまでの経緯などわからないのに、勝手にイメージした他人のイメージと自分を比べると落ち込む確率は格段に上がり、ダイエット結果を前向きに受け取りにくくなります。
痩せる前の自分と比べてどうだろう?と考えるようにしたいものです。

とりあえず今の自分を全肯定する

とにかくこれに尽きるのだと思います。今自己肯定感が低い人は、痩せても低いままの可能性があります。
もしくは痩せたという事実でだけ自分を肯定してしまうと、太ったら自分を許せないかもしれません。
太ったり痩せたりするたびに情緒が浮き沈みしていては、せっかく痩せて得られる人生の変化も十分に楽しめないと思います。

ダイエットは自分をアップデートするようなもので、痩せても性格はそのままです。
自分自身の本質を大切にしてほしいなーと、心から思います。

ダイエットで人生が変わる、ではなく人生を変える意識を

  • ダイエットで人生が変わる=周囲の反応が変わるのは、自分の変化・達成したことに後押しされ自信が持てるようになるから。
    →痩せて人生を変えるには自己肯定感が上がり、自分の行動を変化させる推進力が必要
  • 自信を持てないと、周囲の反応は変わらず(又は反応の変化を素直に受け取れず)自己満足で終わる。
    それでも、痩せたことで得た気付きはたくさんある。

という内容でしたが、いかがでしたでしょうか。

ダイエットで訪れる容姿の変化を最大限ポジティブに生かすためには、ありのままの自分を大切に思う気持ちが必要だと思います。
ダイエットは現状に満足していない人がするものですので、矛盾しているかもしれません。ただ、ここがねじれていると痩せても本当の意味でハッピーになれないのかなと思います。

きりん氏
きりん氏

この本にあるような思考は自分を大切にする上で大事だと思うわよ

わたし
わたし

自分は人間国宝だと思うようにするわ!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました