馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください。の感想を書いていくよ

馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください。を読みました。

青春期・中年期・老年期にわけて馬鹿ブス貧乏な女性がどのようなことに配慮して生きていくべきかを述べています。

40代の方を中心に売れているらしいのですが、若いうちに知れてよかったなと思う内容がたくさんありました。

感想を書いていきます。

私が馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください。をおすすめしたい人

・馬鹿、ブス、貧乏のいずれか、またはすべてに該当すると思う女性
・老後やこの先の将来が漠然と心配な女性

この先待ち受ける問題がわかる

私は現在20代で、馬鹿ブス貧乏の三重苦に危機感を抱きながらも、この先待ち受ける問題は見当もつかない状態でした。

本書が発売されたタイミングで著者は66歳。
体力の衰えや更年期、時代とともに移り変わる女性の社会的地位など、私には持ち合わせていない視点からの記述は大変有益です。

年代別の提言が大変役に立つ

私は馬鹿なので長い本や自己啓発本を読んでも、明日の行動に本の内容を活かせません。

本書では年代別にどう行動すればいいかが書いてあります。

“37歳までは青春期の内容をやればいい”と、本の内容をどう行動に落としこむかの優先順位がつけられる、鳥頭にも優しい仕様になっていました。

一貫して読書を勧めている

国語能力が低いと損をすることが多々ある点に触れ、生涯かけて国語能力を保ち続ける重要性を説得力を持って伝えています。

何をするにせよ文字が理解できないと前に進みません。
もはや容姿は関係ない話ですが、人として本は読んだ方がいいんだなと強く思わされました。

著者自身も恐らくかなりの多読家で、作中でも関連する図書を沢山おすすめしてあります。

消耗しないと長生きしてしまう

私が印象的だったのは作中で19回登場する消耗の2文字です。

もっとたくさん子供を産み育てていた時代と比べて、女性は現代社会ではエネルギーを消耗しきれない。
裏を返せば、人はもっと活動できる生き物なんだと希望を持てるような気がしました。

なかなかしぶとい生き物のようなので、力を使い切れるように怠惰に過ごさない人間でありたいと思えました。

おわりに

いかがでしたでしょうか。かなり骨太な内容で読みごたえがありました。

馬鹿ブス貧乏にすべて当てはまらずとも、女性として生きていくことについて課題意識を持つ方であれば、何か参考になる要素がある作品ではないかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました