越生のコッペパン専門店・和こっぺが優しさに満ち溢れていた

未分類

埼玉県越生町のコッペパン専門店「和こっぺ」に行ってきました。

読み方:かずこっぺ(さっきまで”わこっぺ”だと思っていました)
営業時間:11時~15時
定休日:水・木
住所:埼玉県入間郡越生町黒岩149

越生駅から徒歩10分ちょいの場所にあり、八高線の待ち時間でふらっと立ち寄りました。

私が購入したのは紫いもクリーム(280円)・かぼちゃサラダ(300円) と、秋全開の2種です。

紫いもクリームは

わたし
わたし

紫いものこっくりした味が思った通りでよき!甘さ控えめな生クリームが優しい!

かぼちゃサラダは

わたし
わたし

かぼちゃの甘みがとっても感じられる一方、ブロッコリーと人参の味もしっかり感じられる!具材の他具材への配慮が秀逸!

どちらも各々の素材が互いを尊重しあっていて、優しい味でした。

味が優しいと一言でいえばそこまでですが、和こっぺでは随所で優しさを感じました。

  • パン生地が優しい!
  • 食べやすさへの心遣いが優しい!
  • 豊富な種類で楽しませてくる優しい!
きりん氏
きりん氏

優しさてんこ盛りやないかい!

詳細を順を追ってお伝えしていきます。

パン生地が優しい!

コッペパンってぱさぱさしててのどに詰まるイメージがあるのは私だけでしょうか?

きりん氏
きりん氏

給食で出たとき、食べるののしんどくて牛乳で押し流してたな~

和こっぺのコッペパンは全然違いました。

わたし
わたし

しっとりしててもちもちでめっちゃうまいやん!私の知るコッペパンとなんか違う!

調べたところ、和こっぺのコッペパンは米麹・豆腐を使って作られているそうです。

細かいことは分からんが、こだわりがあるのにもうなずけるおいしさで、口内の水分を奪っていかない感じが優しいです。

食べやすさへの心遣いが優しい!

具が挟まっているパン、好きなんですけど食べる難易度が高くてちょっと苦手です。

  • 開封するとき袋をビリビリにしてしまいめっちゃ持ちづらくなる
  • 食べているうちに具が後ろの方によれていってぼろぼろになる
  • 噛みついたら具が全部なくなった

こういう現象を回避するための心遣いを勝手に感じておりました。

シールの先端に付いた白いフィルムから袋をぺりっと開けられるので外包がビリビリになりません。

きりん氏
きりん氏

優しい!

具の量がちょうどよいからか、食べてて下によれていきません。

きりん氏
きりん氏

優しすぎる!!

具が1口大にカットされており、最後まで具がちゃんと残っており、パンと具の程よいバランスを楽しめました。

きりん氏
きりん氏

パンじゃなくて優しさを食べている!!!

といった調子で、食べててストレスを感じない心配りが行き届いていたように思います。

収集心をくすぐる豊富な種類

割と遅めの時間に行って、店内のトレイの9割方はからっぽでしたが、それでもたくさんの種類が販売されていました。

覚えている限りでも

  • 生クリームとみかん
  • 生クリームとシャインマスカット
  • あんバター
  • ハッシュドポテト
  • きんぴらごぼう
  • チキン南蛮

とかが並んでおり、季節によっても変わりそうなので足繁く通いたくなりました。

わたし
わたし

お店に行くたびにわくわく感を提供してくれる優しさ?あるね!

和こっぺで優しさに包まれよう

こんな感じで思った以上にコッペパンっておいしかったんだなと気づかされました。

優しいおいしさはもちろんのこと、食べやすさへを考えられている和こっぺのコッペパン。

日によって15時より前に完売してしまうこともあるようなので、

和こっぺさんのTwitterで最新情報を確認しつつお店に行った方がよさそうです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました