一人暮らし開始にかかる初期費用と抑え方!実体験をお伝えします。

家が狭くて一刻も早く実家を出たかったので、
社会人になってすぐ一人暮らしを開始しました。

一人暮らしをしたことがないと、何にいくらかかるか分からず、
初期費用がいくらあれば引っ越せるの?と不安になったのを覚えています。

引っ越し代から家具家電など、生活をスタートするまでに初期費用が総額いくらかかったかをまとめてました。

振り返ってみるともっと節約できたなと思う、費用を抑えるポイントも記載しました。

これから一人暮らししたい皆様の参考になれば幸いです。

一人暮らし開始にかかった総額は約48万!その内訳は?

主な費用をざっと洗い出した結果、総額は476,000円でした。
ほかにもタオル・食器などこまごました費用はかかっているので、大体50万円ほど遣ってるいると思います。

実家からの引っ越しで大きな家具の運搬が発生しなかったため、引っ越し業者は頼んでいません。

内訳は以下の通りです。

家賃関連:およそ195,000円
(家賃64,000円共益費3,000円の物件でした)
 敷金64,000
 礼金64,000
 初月の家賃67,000

家電:およそ200,000円
 冷蔵庫55,000
 洗濯機30,000
 テレビ30,000
 電子レンジ15,000
 空気清浄機70,000

その他生活用品:およそ81,000円
 カーテン20,000
 テレビ台6,000
 机6,000
 ベッド12,000
 布団20,000
 敷物(ホットカーペット)10,000
 キッチン回り(鍋・フライパン・ヤカン・包丁)7,000

一人暮らしの初期費用の抑え方

一人暮らしを開始するにあたり、初期費用を減らすにはどうすればよいのか。

実際やってみて、以下のようなことが有効だと思いました。

礼金のかからない物件に住む

敷金は払うと退去時に戻ってきますが、礼金は大家にこれからよろしくねと告げるだけの戻ってこないお金です。
0円のところをおすすめします。

私は築浅物件だったこともあり敷金1月+礼金1月を支払いましたが、
不動産業界で働く友人の話によると、今は敷金1月分・礼金なし物件が結構多いみたいです。

敷金は退去時のクリーニング代に充当されます。
敷金不要だと、退去時に清掃代を請求されることもあるようです。一概にかからないほうが良いとは言えません。

礼金に対する甘い考え

礼金は、特別な支出ではなく住んでいる時間に対してかかっているという意識を持つべきでした。

わたしは物件選びの際、家賃と共益費の値段を7万円以下に抑えようと考えていました。
選んだ物件は共益費込みで67,000円。条件に収まったように思えます。

しかし、私はこの物件を14か月で退去しています。

礼金を1月あたりに換算すると64,000÷14=4,571円。

家賃共益費と足し合わせると71,571円となり、条件を満たさない物件に住んでいたと言えます。

このことにあとから気づいてショックを受けました。

わたし
わたし

くれぐれも礼金を軽く見ないようにしてください…

家電は人からもらうor中古品で十分

一人暮らしを始めるときには予想できない生活スタイルの変化が起こることもあります。

よほどこの家電じゃなきゃダメ!みたいなこだわりがない限り、家電の費用は低く抑えたほうがいいと思います。

家電は本当に高いです。いいものを買うと1人暮らし用のサイズでも1つ10万円近くします。
中古品を買うか、知り合いで余らせている人がいない聞いてみると費用削減につながると思います。

特に冷蔵庫・洗濯機は長期間使わないとなると保管がかなり難しく、買いなおすにも単価が高めなので注意が必要です。

家電を急いで揃えようとしない

そもそも、引っ越す時に家電を買い揃えないほうがよいです。

必要なものであれば今揃えずとも後から絶対買うのが人間です。

「ちょっとこれなくても生活できそう」と思うものは買わずに生活開始してみましょう。

究極、毎食の分だけ食材を買えば冷蔵庫なしでも生活できますし、近くにコインランドリーがあれば洗濯もできます。

私の引っ越しで唯一よかったなと思うのは炊飯器・掃除機を買わなかったことです。
炊飯器はちびくろちゃん(電子レンジでご飯が炊けるプラスチックタッパのようなもの。大変便利)で、掃除機はクイックルワイパーで十分代用できました。

わたし
わたし

もし炊飯器と掃除機買ってたら追加でいくらかかかってたと思うと…ゾッとしますね

一度生活してみないとわからない

以上が一人暮らしにかかった費用とその抑え方です。
当時の私の詰めの甘さがよく分かって悲しくなりましたが、
どれもこれも暮らしてみないと分からなかったと思います。

わたし
わたし

しくじりも成功の素に変えてこう

私のしくじりや実例が皆様のお役に立てばこれ以上ありがたいことはありません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿記事一覧に戻る

コメント

コメントはありません

コメントする

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。



CAPTCHA